症状

趣味でフットサルをやっているが、プレーした翌日に腰痛になる。 

普段は時間経過とともに腰痛は落ち着いてくるが、 

今回は1週間経過しても痛みが続いている。 

下半身にしびれなどの症状はない。 

動作時(寝起き、くしゃみ)に痛みが出現する。 

仕事柄、動くことが多い。パソコン作業も多く、立ち上がるときに痛みがある。 

分析 

姿勢上は丸まった背中が目立つ。 

立位姿勢でも背中の丸さのため、骨盤の後傾、頭頚部が前方にいっている。 

身体を動かしてもらうと骨盤が左へ流れる。 

腸腰筋の検査をすると、緊張が認められ、筋力も十分に発揮できていない。 

また、左の中殿筋も十分に筋力が発揮できていなかった。 

施術 

骨盤を起こすようにするため、骨盤への矯正に加え、背中を反らせる動きをつけていった。 

腸腰筋の緊張がまだ残っていたため、緩めていき腰にも矯正を加えた。

考察

今回の症例は、腸腰筋の筋緊張による痛みと思われるが、 

それは不良姿勢により、骨盤の後傾に伴い、下肢の筋力低下が起こったためと考えられる。 

筋力低下している所に、フットサルをプレーしたことで、代償的に筋緊張に至ってしまったと思われる。 

3回の施術後、フットサルをプレーした翌日には痛みの出現はなかった。 

この方にはまだ筋緊張が認められるため、継続的に施術を行っていく。