症状

30代 女性

慢性的に首と肩のこりがあり、頭痛も伴う。

頭痛は後頭部に出現する。

首や肩はストレッチやストレッチポールを使ってケアしている。

頭痛は薬を服用して対処している。

デスクワークで、パソコンはスタンドを使って調節している。

分析

下を向いてもらうと首から肩にかけて痛みが出現。

その他の方向では問題はない。

首に対して圧迫を加えて痛みは出現しない。

右に倒してもらうと、左肩が一緒についていってしまう。

背中には弾力性は低下している。

座位姿勢を確認すると、骨盤の後傾と猫背が目立つ。

立位で身体を動かしてもらうと、重心が右へ流れていく。

施術

首、肩周囲の筋緊張が強いため、そこを緩めるところから始めた。

この段階で首を動かしてもらうと、左肩がついてくるのは軽減し、痛みも消失した。

骨盤の後傾を取るために骨盤の矯正をした。

身体の伸展(反らす)動作の動きが少なく、首に負荷をかけているため、背中の矯正もした。

考察

今回の症例は、首、肩周囲の筋緊張が症状を招いたが、骨盤の後傾が背中の動きを制限し、首に対して負担をかけてしまったことと思われます。

首の筋緊張からの頭痛はよくあります。防ぐために、仕事中のパソコンスタンド、座り方の注意点を伝え、気をつけてもらうようにしました。

また、ストレッチポールで出来ることも合わせて伝えました。

翌週2回目の来院時には、頭痛がなくなったとのこと。

身体の状態を再度チェックすると、背中の弾力性が改善していました。

変えられるところはすべて変え、ストレッチポールも欠かさずに行ってくれました。

今の状態が維持できるように、施術を継続中です。