「ゴルフは股関節が重要!!」と、よく言われます。
確かにしなやかなスイングをする上で、股関節の可動域はとても重要です。

しかし、重要な要素は可動域だけではありません。
私が股関節で良くチェックする筋肉は、中殿筋です。

中殿筋の働きは、スイングにおいてとても重要な働きをします。
中殿筋は腸骨翼から股関節の大転子に付着していています。

中殿筋がうまく使えないと、下記のように片脚でうまく立つことができなくなります。

大げさではなく、このような状態のゴルファーがよく来院されます。
原因は様々で、テークバックの時に右お尻に負担がかかりすぎている。
ダウンからインパクトでの左体重の過剰な意識。
その他、普段のデスクワークの癖や、立ち方、座り方などの
生活習慣から発症している方もいらっしゃいます。

上記の原因なので、筋肉の過緊張(求心性、遠心性ともに)が起きて、
中殿筋の筋機能低下が起きてしまっているのです。

このうまく使えなくなった中殿筋があることで、スイングは安定せず

左右スウェーや左股関節がうまく回らないなどのブレがでてきます。
スイングを修正しようとすればするほど、筋疲労し機能低下が進みます。
特にラウンド後半になると、疲労が蓄積することで、症状は顕著に現れるでしょう。

こういった方は、ラウンド前と後に中殿筋のストレッチとマッサージをするようにしましょう。
ストレッチは下記のように行います。

マッサージは、床にテニスボールを置いて、その上に横向きで寝ます。
その際に中殿筋あたりにテニスボールを当ててマッサージをしてください。

他にも中殿筋の機能を低下させる原因は多々あります。
ストレッチをしても効果がない方は、是非ともご相談ください。

院長 近藤