症状

40代 女性 ヨガをやっている
3か月前から症状が出現。
週2回ヨガをやっていて、初めはもも裏から症状が始まった。
前屈をすると、右お尻からもも裏にかけて痛みがある。
股関節の奥、お尻の奥に、つまった感じと、痛み。
もも裏にかけて一本筋が通っているような痛み。
伸ばしたくてもこれ以上は伸ばせない。
上記のように表現。
階段の上りでビリッとする痛みがある。

分析

姿勢検査では右肩下がり、左骨盤上がりとなっていた。
動きでは腰の前屈で右の症状が再現し、回旋で腰部の張りがでた。
SLRでは60度くらいで再現された。
ブラガードサインで陽性。
神経学的検査では、感覚や筋力の問題はなかった。
胸椎の伸展制限、第5腰椎右回旋制限、右仙腸関節AS変位。
右大殿筋、梨状筋、左腰方形筋、右脊柱起立筋の過緊張。

施術

検査結果から梨状筋による坐骨神経痛と判断し施術。
全体の姿勢から右股関節への負担が強くなることを考え、
筋緊張のバランスを整え、胸椎、腰椎、仙腸関節を矯正。
特に梨状筋の過緊張を入念に取り除いた。
施術後は初回、2回目と痛みは8割減。
3回目の施術で筋膜ラインを整え、4回目終了時のほぼなくなった。
現在はヨガで、できないポーズをするために継続メンテナンス希望。

今回の痛みは梨状筋の過緊張からきたものと判断しました。
2回目の施術時にヨガと筋トレをハードにやって、
それからかもしれないと教えてくださいました。
筋トレの内容と筋緊張、ゆがみのアンバランスが一致していたので、
まず間違いないでしょうということになりました。
在宅でトレーニングをやる方が増えていますが、
やり方には十分に気を付けてください。